ブログ|西船橋、東船橋、幕張本郷で理容室・美容室をお探しならヘアサロンサポートグループ。

ブログ

サポート西船橋店から年末にむけて

 

こんばんは、西船店の土井です!

今日は年末に向けてちょっとした豆知識を添えてお送りしたいと思います!

 

年末といえば、、、やはりお酒が絡んでくることが多くなると思います!そうですね忘年会とかありますね!

好きな方には大変うれしい時期ですが弱い方や苦手な方にはちょっと辛いということもあると思うます!

なのでまずはそのお酒についての豆知識から!

 

では唐突ですがみなさんは「二日酔い」というのを経験したことがあるでしょうか?

二日酔いになると体がだるく、やる気も起きず、とてもじゃないが動き回りたくない、、、そんな状態になってしまいます(´・ω・`)

ではどうしてそんな状態になってしまうのか?少し科学的な内容になりますが説明させていただきます。

 

お酒といえばやはりアルコールですよね。逆に言えばアルコールの入っていないものはお酒とは言えません!w

じゃあそのアルコールが体内に入ります。そうすると気分がふわふわとなって気持ちがいい、ついつい口が滑ってしまったりセーブが効かなくなる。そんな経験は誰にでもあると思います!

簡単に言えば脳を麻痺させてしまうんですよね。

勿論アルコールの摂取量によっては個人差もありますが酔っぱらうとはこういう事です!

ですがこの段階では気持ち悪くなることはあまりないと思います。

ではなぜ気持ち悪くなるのか?

それは肝臓が正常に働いているからなのです!けして悪いことではありません!

実はアルコール単体では体に害をなすことは非常に少ないのです。それどころか過剰摂取しなければ新陳代謝を高め、薬にもなる優れものなのです!

では一体何が身体に悪さをしているかというと「アセトアルデヒド」というものこそが諸悪の根源になるのです。。。

アセトアルデヒドは肝臓がアルコールを分解する過程で必ず出来てしまうものでその毒性はなんとアルコールの10倍にもなるのです、、、

それがさらに分解され酢酸になり水と二酸化炭素になって初めて尿として体外に排出されるのです。

なのでこのアセトアルデヒドが体内にある限りは吐き気や頭痛に悩まされたりと折角の楽しいひと時が台無しになってしまいます。

そして二日酔いの原因もこの延長線上にあるのです。

お酒はアルコールですが100%アルコールというわけではありません。

もとをただせば水分です。必要以上の水分を摂取せればもちろん身体はそれを体外に排出させようと働きます。

先ほど伝えたアセトアルデヒドも分解し体外に排出するために必要なことなのですが、実は同時に多くの必要な栄養素も輩出してしまうのです。。。

主にビタミンA~E。カリウムやナトリウムにクロールといった成分もです。

これらは不足すると疲労、虚脱、胃酸濃度低下からの食欲不振

これはもう二日酔いそのものの症状です。

この成分は糖分としてもとらえられ排出するという事は低血糖状態を引き起こし頭痛などの症状も併発します。

 

と、長くなりましたがこれがお酒と体の関係です。

一言でいえば体質差でこれらの症状は大きく変わってしまうのも事実です。

それじゃあお酒に弱い人はどうしようもないのか?と言いますと

それは「NO」です!

ちゃんとそういうときのための方法はあります!

あくまで今回はその仕組みを説明しただけですのでまずはそこか理解していただこうと思いました(*´ω`)

肝心の解決策なんですががが、、、

圧倒的・・・!圧倒的・・・文字数不足・・・!

ここまでに多大な文字数を使用・・・!

担当土井・・・致命的なミス・・・!

というわけで申し訳ありませんが続きはまた来週に書きたいと思います(´・ω・`)

長くなって申し訳ありませんでした!次回は解決編でよろしくお願いします!

 

(飲みすぎてついつい催してしまいトイレに立てこもって、心配して様子を見に来てくれた人に「安心してください、吐いてますよ」ってギャグを言えたら世界は平和になると思う)

 

ちゃんどい

PAGE TOP